初めて町の産婦人科にかかる

診察台子宮筋腫摘出手術

前回の記事で子宮筋腫かな?と気づき産婦人科に行くことを決めた私。(決めるまで2年かかった)。

子宮筋腫にどうやって気づいたか
子宮筋腫は体の中にできるので、発症しているのか自分ではよくわかりません。今回は、私がどうやって子宮筋腫に気づいたかお伝えできればと思います。 病院にかかるまで おかしいということが確実にわかるまで、”なんとなく通いたくない”という気...

この記事では初めての産婦人科体験をレポートしたいと思います。

産婦人科へいく

そういえば生理はもともとひどい方でした。血の量は普通だと思ってるんですが(厳密にいうと他人がどのくらいの量なのか見たこともないのでわからないんですが、)胃と腰が痛いというタイプでした。学生の頃は月によりますが学校を休む時もあった程。
成人してからはロキソニンを飲めば気にならない程度へコントロールできる様になりました。
ただひどい眠気は長年どうしようもなく…眠くならない人が羨ましいです。

子宮筋腫でなくても生理痛の相談出来るか〜、と気持ちを整えてから近所の小さな産婦人科を予約しました。

予約当日

受付後、すぐに順番が回ってきました。
診察室で簡単な問診をしました。内容的には『左の脇腹にぽこっと出っ張りを感じる』と簡単に説明。

早速別室にある診察台へ通されました。

ドキドキの診察台

産婦人科をあまり受けたいと思わなかった一番の理由は診察が痛そうand恥ずかしい、でした。
受けてみて分かったのですが配慮がしっかりされていることがわかりました。

診察台

↑このようにカーテンがあり先生とはお互い顔は見えません。
(ちなみにこの時の先生は男性でした)
診察も異物が体の中にはいる不快感は感じますが、私は痛くはありませんでした。

診断の結果

結果、確かに左側に子宮筋腫があるとのことでした。
少し見ただけで先生から
『大きな病院で診てもらったほうがいいだろう』
『紹介状を書くよ、どこか希望はある?』
『なければ一番近くの病院にするよ、』と言われ、
(命に関わらないとは言えかなりショック…)と落ち込みながらも、何も下調べをしていなかった私は『一番近所の病院でいいです』と言って紹介状を書いてもらい病院を後にしました。

少しでも心配な方へ

私が子宮筋腫に気付き病院で病名が確定するまではこのような流れでした。

少しでも不安に思っている方は(当たり前ですが)早めに診てもらった方がいいです。大きくなりすぎると腹腔鏡手術で取り出せず、開腹手術になってしまいます。
また妊娠を希望されている方で少しでも筋腫の不安がある方は、妊娠する前に一度診て貰った方がいいと思います。妊娠しづらい、またせっかく授かっても流産を引き起こしてしまうこともあるようです。

検査はすぐに終わりますし、痛みもありません。
お腹からエコーで診るということも対応している病院もあるようです。

おまけ

初めての病院で勝手がわからない、ということないですか?
私はこの時、何故か(立派な玄関に大きな靴箱があるのにも関わらず)靴を脱がずに待合室に入ってしまい、気を使われながら看護師さんから注意を受けました…。

なんかチラチラみられてると思った…

めちゃくちゃ恥ずかしかった…。
初診で緊張していたのはわかりますが、それでも自分の余裕のなさと破天荒ぶりにびっくりしました…。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました