手術の計画

子宮筋腫摘出手術

MRIの結果

MRIの結果、子宮筋腫もチョコレート嚢胞を有ることが判明しました。

悲しすぎる…
もっと早くに気づければ薬などで進行を遅らせることができたのに…

ということで今後どのように進めていくか先生と話し合いを進めることに。

手術の計画

手術はいつくらいにしますか?と先生に聞かれ、心の準備ゼロだった私は完全にご乱心。


ええーーーーもう日付決める段階?!?!

もちろん手術するんだろうな、という気持ちはありましたが実際に決定し話が進むと落ち着いてはいられず焦りました。

しゅ…手術は必要ですか…?
命に問題ないからスルーとかできないんですか?

今たまたま生活に影響出てないだけだと思います。

今取ったほうがいいと思いますよ。

チョコレート嚢胞はまだ若いので癌化の可能性は低いけれど…取ってしまった方が安心だし、卵巣は伸びててちゃんと排卵しているかもわからないし、子宮筋腫もこれ以上大きくなると腹腔鏡での手術ではなく開腹手術になってしまいますから、今取ったほうがいいですよ。

まだお若いですから、体力のある現段階で手術したほうがいいと思います。

と、力強く説得されました。

まあ、最終的には患者さん自身が決めることですが。

とフォローもしてくれましたが、まぁ、取るべきなんだなぁと。

この時の私は結婚の予定もないし、そもそも結婚願望もなく、子供も欲しいと思っていなかったので(むしろ子供苦手だからいらないや、と思っていたくらいで…。今では自分の子供が可愛くて可愛くて大好きなので人生とはどうなるかわかりませんね)命に別状ないなら取らない方法もあるかなぁなんて思っていましましたが、とりあえず摘出手術をすることにしました。

日程についての相談

実は直ぐには摘出手術するというわけにはいかないようで、ある筋肉注射を3回ほど打って子宮筋腫を小さくしてから手術したいとのこと。約一ヶ月に一回の間隔で3回打つ。もし手術の日程が決まらず、打ち初めて半年以上続けると副作用の関係でそれ以上その注射を続けることが出来なくなるので、大体何月に手術を受けるかというのを決めて欲しいと言われました。

日付を決めるポイントとして、手術費の支払い時に高額療養費制度を使うと思うので入院中の日付が月を跨がない方がいいということを教えてもらいました。
この制度は手術など医療費が高額になる場合は必ずお世話になる素晴らしいもので、今までの高額な税金が無駄で無かった…と涙するレベルです。
手術直前の検査を月初めにして手術自体を2週目の頭に持って来ると安心だと思うとアドバイスを受けました。

仕事との兼ね合いもあり手術の日付を直ぐに決めるのは難しいなぁと思いつつ、
来月から注射を打ち始め3回打った後の次の月(4ヶ月後)上旬に手術を受ける、具体的な日付は来月の注射を打つタイミングで決める、ということにしました。

手術をする月が決定した

ということで、4ヶ月後にはとりあえず手術をすることが決まりました。

先生と1回目の注射を打つ日を決め帰ることに。

次の筋肉注射は一万円くらいかかると思ってくださいね。

と高額になりそうなことを教えてもらい、診察室を後にしました。
私はカード払いなのでそこまで気にしませんでしたが

 

MRIにかかった費用

さて、今回のMRI +診察でかかった費用は
8,810円でした!(三割負担)

一万円超えるかなぁと思っていたので、思ったより安かったです。

次回は初めての筋肉注射のことを記事にしたいと思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました